顔の形に合わせて選ぶのが最適

丸顔の人におすすめのドレスとは

ドレスを選ぶ時には体型はもちろんのこと、自分の顔の形も考えて一番似合うドレスを選びたいものです。そこで、丸顔の人におすすめのパーティードレスについてみていきましょう。いったいどのようなデザインのパーティードレスが似合うのでしょうか。
丸顔の人におすすめなのは、Vネックのドレスです。顔周りがVのラインによってスッキリと見え、シャープな印象を与えてくれます。深めのVネックであれば、デコルテを大きく見せることにもなり、よりスッキリ小顔効果も期待できるでしょう。
ドレスのデザインとしては、あまり顔周りに装飾の無いシンプルなドレスがおすすめです。できるだけ余計なものが付いていないドレスの方がスッキリ見せることができるでしょう。肩や胸元に大きなモチーフのついているドレスなどを選ぶと、顔の下にボリュームが出てしまい、丸顔が余計に際立ってしまう可能性があるので気を付けましょう。首元の詰まったデザインのドレスも、丸顔を強調してしまうので避けた方がいいかもしれません。
胸元のデザインがカシュクールタイプのものもいいでしょう。Vのストレートなラインが全体のドレスの印象をスッキリと見せてくれるはずです。丸顔の人はできるだけシンプルでシャープな印象のパーティードレスを選ぶようにしましょう。

顔がベース型の人に合うパーティードレス

パーティードレスを選ぶ際には自分の顔の形も考えて選んだ方が、より綺麗にパーティードレスを着こなすことができます。では、ベース型の顔の形をした人にはどのようなパーティードレスが合うのでしょうか。
エラが張っているベース型の人に一番おすすめのは、肩を全て出したベアトップのデザインのパーティードレスです。首やデコルテ部分を出して顔の下部分をスッキリとさせることで、顔の輪郭を目立たなくすることができるのです。ベアトップのパーティードレスを着るのは勇気がいると思うかもしれませんが、逆に首元が詰まったタイプのホルターネックやアメリカンスリーブのパーティードレスを選んでしまうと、顔の輪郭を強調することになってしまうのでおすすめできません。
パーティードレスのデザインについてですが、顔がベース型の輪郭の人は角張った印象が強くなってしまう為、パーティードレスはふんわりとしたキュートで女性らしい印象のものを選ぶことをおすすめします。ベアトップデザインのハイウエストのパーティードレスなどは特にいいでしょう。ハイウエストからふんわりと広がるフレアシルエットのパーティードレスが、女性らしさをアピールしてくれます。ベース型の顔の人は思い切ってベアトップのデザインのパーティードレスを選び、より綺麗にパーティードレスを着こなしてみましょう。